恩納村ダイビングショップ・プライベートダイビングショップ

スキューバダイビングを行う時には、よくフィットしたダイビング器材を選ぶことが重要となってきます。
人間が水の中を楽しむためには、様々な器材が必要です。それぞれ重要な役割があるため、どれも慎重に選ぶ必要があります。
具体的にダイビングに必要な器材としては、水中でも手先が冷えないように、岩などに触った時に怪我をしないようにするためにグローブが必要です。水温に応じた厚さのグローブを選ぶことができ、サイズや水温に合ったものを選びます。また、水中撮影しやすいように指先が動かしやすいものも選べます。
スノーケルは、水面で移動するときや休憩時、スキンダイビングなどをする時に使用します。水が入りにくいものや排水しやすいものなど色々な工夫が施されてます。
マスクは、ダイビング器材の中でも重要な器材です。きちんと顔にフィットしているものを選べば、マスクの中に頻繁に水が入ることがなくなります。レンタルすることもできますが、自分で購入しておけばいちいち自分の顔のサイズに合わせてベルトを調節する必要がなく、視力矯正したい時にはレンズを入れ替えることもできます。
効率的に水の中で泳ぐためには、フィンも必要です。自分の脚力や経験にあったフィンを選ぶことが、体の負担や泳ぎやすさに関わってきます。
浮力を調整するためには、ウエイトベルトを使用します。これも自分のものを持っておけば、毎回ウエイトの位置を調節する必要がなくなります。
BCDは、浮力を調節する器材です。メーカーによって操作方法などが変わるため、ダイビングのたびにレンタルで違うメーカーのものを使っているといちいち操作方法から覚える必要があってダイビングに集中できないこともあります。それを避けるためには、自分のものを用意しておくと便利です。
レギュレーターは、空気を吸うための器材です。常に同じ呼吸感でダイビングしたいという場合には、レンタルではなく自分で持っておくと安心してダイビングできます。
保護スーツは、自分の体の保護と保温のためのスーツです。特に保温機能は体にフィットしているかが重要ですので、既製品もありますが、できればフルオーダーするのが理想的です。

他にもいろいろありますが、最初から全てを購入する必要はないのが、ダイビング器材です。
ダイビングを始めてから、ダイビングの頻度や自分がよく行く海などを考慮して購入するかレンタルで十分かを考えます。ほとんどの器材は、ダイビングができる場所であればどこへ行ってもレンタルすることができます。
ただし、レンタルの衛生面やメンテナンスなどはショップによって大きく異なってきます。安全に快適にダイビングしたいというのであれば、やはり自分にあった自分専用のダイビング器材を揃えていくことがオススメです。
ダイビング器材は命を預ける器材ですので、安いものを購入するのではなく多少価格が高いとしても実績のある耐久性の高いものを購入していきます。

恩納村ダイビングショップ – 沖縄恩納村のワールドダイビング

沖縄恩納村の一人旅や少人数の方がメインのプライベートダイビングショップ。女性インストラクター在中。最安値宣言!PADIのCカードが最短1日で取得。ファンダイブは青の洞窟、万座、北部、水納島、沈没船エモンズへご案内してます。